サイトマップ お問い合せ 

 
ホーム
護道
組織概要
講座案内 入会案内
護道について

| 歴史

護道の創始者

廣木道心(ひろきどうしん)
1972年生まれ。兵庫県出身。15歳より独自に鍛錬を開始。17歳で少林寺拳法、19歳で芦原空手を学び、芦原空手創始者・故芦原英幸氏より黒帯を授与。居合剣術をはじめ様々な日本の武道を修行。中国拳法、ムエタイ、サバット、ブラジリアン柔術など海外の武術、格闘技を研究。1998年に沖縄にて琉球 王家秘伝武術 本部御殿手の達人・故上原清吉氏と邂逅し、武術に対する意識が変わる。1999年より人に頼まれて無償で護身のための青空道場を開催。2000年に総合武術 躰全道を創始。2001年、正式な道場を開講。2002年、住吉武道館での日本国際武道連盟各種公開演武大会にて最優秀演武賞受賞。2003年スイスジュネーブに て ヨー ロッパセミナーを行ない警察・軍隊関係者に技術指導。2004年格闘技界のベストセラー書籍「最強格闘技図鑑・真伝」にて最強格闘家20人の1人に選出さ れる。 2007年地域の防犯活動に協力し警察から感謝状授与。同年、知的障害児のパニック時のサポート技術の開発に取り組み「SDP法」を発表。2008年これまでの躰全道とSDP法の研究成果を総括し、自他護身のための"引き分けの武道"として「護道(ごどう)」を新たに創始。2009年、国際護道連盟発足。現在、 国際護道連盟会長、自他護身術 護道宗家。


copyright(C)2008 International GO-DO Federation All Right Reserved.