支援介助法

護道の技術の応用として、ハンディを持つ方の介助を目的として考案された介助技術。発達障害や強度行動障害と呼ばれる方のパニック時の自傷行為や他害行為に対して自身を含む周囲の介助者と当事者がお互いに傷付くことなく誘導するために研究されてきたものです。

↓支援介助法のページへはこちらから↓

支援介助法「抱きかかえ」という技術(パニック時の誘導法)

支援介助法では各地の学校、福祉施設などでの研究会、セミナーを行っております。
支援介助法についてのお問い合わせはこちらへ★